不眠症の症状・特徴・兆候チェック【松尾病院】


不眠症について

不眠症とは

不眠症とは、「なかなか寝つけない」「夜中に目が覚める」「熟睡できない」といった症状が1ヶ月以上続き、昼間の生活や仕事に支障をきたす病気です。

不眠症の原因としては、身体の不調や精神的ストレス、環境変化などが挙げられます。特に、ストレス社会の現代では、過度のストレスや、不安、精神的なショックなどによって、不眠症となるケースが増えています。

現在、日本人の5人に1人は、不眠に関する問題を抱えているという報告もあり、特に中年以降にその割合が増すと言われています。



不眠症の症状チェック

以下の項目で、当てはまるものにチェックを入れてみてください。

□ 寝つきが悪く、眠りにつくまで1時間以上かかる。
□ 夜中に何度も目がさめる。
□ 怖い夢や緊張する夢をよく見る。
□ 眠っている最中に、体がぴくぴくと動くことが多い。
□ 朝早い時間に目が覚め、もう一度寝ようとしても眠れない。
□ 朝起きても身体がだるく、疲れが取れていない。
□ 昼間に異常に眠たくなり日常生活に支障がある。
□ 日中、気分が滅入ることがある。

多数当てはまる方は、不眠症の可能性があります。



不眠症の治療法

不眠症を改善するためには、就寝前に脳や体をリラックス状態にもっていくことが大切です。眠りにつく3時間前には食事を終え、ゆったりと半身浴をしたり、心地の良い音楽を流したりして、心身共にリラックスをさせましょう。また、早寝早起きを心がけ、日中は陽の光を浴び、適度な運動を行いましょう。

それでも不眠が続くようであれば、専門の医師に相談してみましょう。医師による不眠症治療では、精神的な療法や、睡眠薬による治療など、その人に合った治療法で不眠を改善していくことができます。



外来の診察受付時間
月〜金 再来 8:30-12:00   初診 8:30-11:00
再来 8:30-12:00   初診は受付できません。
日・祝 休診日   例)8月13〜15日 / 12月30日〜1月3日など
その他

院長の外来のみ予約が必要です。

往診・夜間診療はしておりません。
精神科訪問看護や、精神科デイ・ケア、ショートケアを

ご希望の方はお気軽にご相談ください。

医療相談室

精神科医療(メンタルヘルス)の松尾病院:院長のブログ

特定医療法人天臣会 松尾病院
精神科・内科 / 〒800-0252 福岡県北九州市小倉南区葛原高松1丁目2-30 / TEL:093-471-7721(午前9時〜午後5時) / ホームページ:http://www.matsuo-hp.com / 携帯サイト:http://www.matsuo-hp.com/mobile / メールアドレス:matsuohp@onyx.dti.ne.jp

来院エリア:福岡県 北九州市 小倉南区 小倉北区 八幡西区 八幡東区 門司区 戸畑区 若松区 山口県 下関市 大分県など